ドビッシーのピアノ曲のCDがほしいのですが、どのピアニストを選んだらいいのかわかりません。 ピアノ演奏の技術的な事はよく分かりませんが,サティの異質さを恣意的に浮き立たせる事もなく,かといってムードに流される事もない,自然な演奏だと思います。でも,無味無臭という事でもなく,フランス人だからできる呼吸のようなものも感じます(私はフランス人ではないので,はなはだ怪しい感想ではありますが・・・)。 (参考) リストとショパンの曲が好きです。 ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか? もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、 もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、 otomamire, フジテレビ系列で不定期放送されているトークバラエティ番組『さんまの東大方程式』が10月19日に放送されました。今回のテーマは「芸術の秋に東京藝大生が大集合SP」と題し、現役・OBの東京藝大生を集めての, 2019.11.02 それ以外でも、これは定番じゃない?というものがあったら教えて下さい。ベスト3などを挙げてもらっても助かります。 http://www.hmv.co.jp/product/detail/486225 誕生日:1991年?月?日, 1991年パリ生まれのエロイーズ・ベラ・コーンは、4歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを始めました。その後、パリ音楽院で、ミシェル・ベロフ、エリック・ル・サージュ、デニス・パスカル、ダヴィッド・フレイ、ピエール=ロラン・エマールの著名なピアニストに師事しました。, 才能を認められ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を始め、ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団などで定期的に演奏しています。有名なオーケストラとの共演も多く、また、各地の様々な音楽祭にも参加し、人気のソリスト兼室内楽奏者として、ヨーロッパ中で演奏しています。, 彼女のレパートリーは広く、バッハ、ベートーヴェンからドビュッシーまでカバーしています。レパートリーの広さは才能がないと増やせないものですが、彼女は美貌だけでなく才能にも恵まれました。彼女はコンサートで使用するピアノはいつもYAMAHAのCFXを使います。, ドビュッシー・イヤーだった2018年にドビュッシーの『前奏曲集第1、2』をリリースしました。フランスのピアニズムを継承した麗しきピアニスト、エロイーズ・ベラ・コーンのドビュッシーは煌めく美しさです。注目の録音です。素敵な演奏でドビュッシー好きな私も大興奮です。, No.1の登場です。オルガ・シェプスというロシア生まれのピアニストです。彼女の美貌はロシア人ならではのものなのでしょう。ロシア人の血筋ってやっぱり美意識が高い民族のようで、美しい方が多いと思います。音まみれ、美人ピアニスト・ベストはオルガ・シェプスでした。, ピアニストでケルン音楽大学の教授でもある父親のイリヤ・シェプスにピアノを学び、6歳のときにドイツに移りました。ケルン音楽・舞踊大学でパヴェル・ギリロフに師事。 12歳のときから演奏活動を行っており、2007年、ルール・ピアノ・フェスティバルでデビューしました。, 以来、ドイツの著名な音楽祭に招かれ、ソリストとしてベルリン・フィルハーモニーほか世界有数の会場でリサイタルを開催。シュトゥットガルト放送交響楽団、ミュンヘン交響楽団などの著名オーケストラと共演するほか、室内楽にも積極的に取り組んでいます。, 椅子をピアノから離し、長くてしなやかな腕がまっすぐに伸びるくらいの位置で弾き、背筋をピンと伸ばした状態で体重をかけて重量感のある打鍵を見せます。まばゆいほどに鮮やかで変幻自在の音色と表現を駆使して一つ一つの音に敏感に反応するさまは、豹のように鋭い動きです。, 世界の美人ピアニストを10人挙げてきました。私のベストはオルガ・シェプスでしたが、皆さんの評価は如何だったでしょうか。日本人の松田華音もとても迷いましたが、第3位という位置に置かせて貰いました。第2位のエロイーズ・ベラ・コーンも悩んだ一人です。, こんなにも美しく聡明な女性たちで溢れているクラシック音楽の世界はなんと素晴らしいのでしょう。私の友人も音楽教室で知り合った女性と去年結婚しました。ピアノ演奏や楽器が弾ける男はそれだけでモテるそうです。こんな美女たちと共演できるなら今から音楽教室に通うのもありかもしれません。, otomamireには他の美人ランキング記事があります。 難易度別 おすすめピアノ教材一覧表 . ◾️好きな歴史上のジャンル チューバのピアノ伴奏のソロ曲で、ゆったりとした曲を教えてください! 他の演奏家でも,「美しさ」とか「美しさのベールに包まれた悲しみ」という表現は感じますが, 誕生日:1987年6月21日, 「ピアノ界のビヨンセ」と呼ばれた事もあるセクシーなピアニストです。ラフマニノフの協奏曲2番、3番の録音風景を見て、重厚感もあり、弱音も効果的で、テクニックが素晴らしいピアニストです。また、シューマンの協奏曲も聴きましたが、この作曲家の雰囲気を良く出していました。, ピアノを「音楽の孤独の象徴」と表現しており、曲の解釈を非常に深く追求した、非常に技巧的な演奏を行います。容姿も素敵ですが、その実力もかなりのものです。協奏曲の録音が多い彼女ですが、ソロでの演奏もぜひ聴いてみたいものです。輝かしい演奏を披露してくれる事でしょう。, 名前:Lola Astanova 完璧ですが、残念ながらLPしか残っておりません。そこで、 老境を迎えた皇帝スレイマン。皇子たちは立派に成長し、それぞれの赴任県を統治していた。だが一方で、皇帝の後継者の座を... 松重豊主演。個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子... 総製作費96億円。大ヒットドラマ「宮廷の諍い女」の作者が贈る豪華絢爛・宮廷歴史ドラマ。陰謀渦巻く後宮でただ一つの愛... 『さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~』(C)NTV  一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。 こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。 ただ私はギーゼキング以外は皆演奏会で聴きましたの http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98/dp/B00005FLCQ/ref=sr_1_7/503-5147947-8862304?ie=UTF8&s=music&qid=1178021934&sr=1-7 リストの曲はどうしても激しい曲や超絶技巧な曲がほとんどですので乱れがちになってしまいますがこの方の演奏はとても正確で綺麗な演奏なんです!!こんなに綺麗に弾くリスト弾きは他にいないと思います☆ オススメします。癒しにもなりますし(笑) 是非聴いてみてください! 2つ月の光が入ってるCDを持ってるのですが、どちらも1000えんくらいで買った安物で、あんまり満足してません。 ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。 残念ながら,6つのグノシエンヌは,一部しか入っていないようです。, こんにちは。 出来ればフジ子ヘミング以外でお願いします。, イーボ・ポゴレリチはお好きですか? 自分が知ってるサティの演奏者は、上記以外にロジェ、ティボーテ、高橋悠治、高橋アキ、島田瑠璃などですが、これらはどうでしょう? 『美人オペラ歌手ランキング』はこちら, 最近は本当にクラシック音楽を描いたアニメーションが増えました。人気のあるアニメーションは、ただ単にクラシック音楽界を舞台に設定しているだけではなく、しっかりとクラシック音楽界を取材していて、専門家でも, 2020.04.13 Copyright © JUKKI Co., Ltd. All rights reserved. 感情が豊かです。他の演奏とは明らかに違うように聞こえるので、 出身国:ウズベキスタン I found these performances very enjoyable. ソナタでグリュミオーのピアノ伴奏をしているワルター・クリーンは しかしこの8月で退任なさるので残念です。 一般的にはあまり知られてない,または,目立たない人だと思います。 otomamire. 私はギーゼキングをオススメします。ステレオ録音ではないため、  「バッハならこの人!」というオーセンティシティ 『クロード・ドビュッシー(1862年~1918年)』は、フランス生まれの作曲家です。伝統から大きく外れる自由な音階等を駆使して、19世紀初頭から20世紀前半にかけて世界的に活躍をしました。芸術家に例えると、「ピカソ」のようなオリジナリティあふれる人物だと言えます。, ドビュッシーは『海』『夜想曲』といった、世界的に有名な楽曲を多数世に送り出しました。しかし、有名とはいってもそれらの代表曲を聞いたことがない人は多いはずです。それもそのはずで、ドビュッシーの楽曲は「音楽に精通している人」の中で有名であり、かつ「音楽技法の革命者」であると捉えられているのです。, 実際にWikipediaなどでドビュッシーを調べると、「19~20世紀で最も有名な作曲家」と記されています。これは決して大げさに解説しているワケではなく、実際に近現代の作曲家はほぼ全員がドビュッシーの独創的な手法を研究し、一度はその道を通っている…と多くの解説書に書かれているほど…。, 今回はそんな「ドビュッシーの凄さ」を、無知の状態から書籍等を読み漁り、ドビュッシーオタクと言えるまで勉強した筆者が解説していきます。「印象派」などの専門用語は少なくして解説するので、たとえ「音楽のことが全くわからない!」という初心者であっても理解できるようになっています。ぜひ最後までご覧いただき、ドビュッシーの魅力を余すことなく抑えてみてください。, ドビュッシーは1862年8月22日にパリ近郊の町サン・ジェルマン・アン・レイ38番地で生まれました。父のマニュエル・アシルと母のビクトリーヌは小さな陶器店を営んでおり、ドビュッシーは4人兄妹の長男です(一番下の弟は幼くして亡くなる)。, 生まれた時から「額が少し突き出ている」という異風な風貌をしており、それが成長するに従って目立ってきたことから、前髪を降ろして隠そうとしていたそう。性格もその特異な見た目が影響してか、非常に引っ込み事案だったと言われいます。, ドビュッシーは「スキャンダルが多い」ということでも非常に有名です。ドビュッシーは結婚しているにもかかわらず、裕福な銀行家の夫人エンマに恋をし、音楽という共通の話題を通して親しくなったそう。, 同い年の2人はそのまま駆け落ちし、イギリスのジャージー島という島のホテルに滞在し、2か月以上を2人きりで過ごしました。ちなみに、ドビュッシーの妻リリーはこの駆け落ちのショックから自殺未遂をはかっており、それが要因で強い批判を受けています。, ドビュッシーは若いころ、19世紀に活躍した世界的な音楽家「ワーグナー」から強い影響を受けたと言われています。ちなみにワーグナーは「オペラ楽曲」の中の『ロマン派歌劇』と呼ばれるジャンルの頂点に位置する人物です。, ドビュッシーを始め多くの作曲家に影響を与えたとされており、ワーグナー自身がオペラ楽曲界の革命児であったとも言われていることから、伝統に左右されない強い姿勢に感銘を受けたのだと考えられています。, ドビュッシーは「直腸がん」で亡くなっています。1915年に手術を受け、翌年には放射線治療と2回目の手術を受けますが、晩年はかなり身体を弱らせながら仕事をしていたそうです。, その後ますます身体が弱っていったドビュッシーは、1917年の終わりにはベッドから出られない寝たきりの状態になったそう。友人のピアニストが演奏するなど多くの見舞い人に慕われましたが、結局1918年の3月にパリで息を引き取っています。, ソプラノ・アルトの独唱と、女声合唱、および管弦楽のために作曲されました。『祝福された乙女』という絵画から着想を得ていると言われています。, 管弦楽曲であり、『雲』『祭』『シレーヌ』という3つから成る組曲です。傑作の1つとなっています。, ドビュッシーが幼少期から海に強い愛着を抱いていたことから作曲しました。波のような静けさと、動きが感じられる楽曲です。, 不倫騒動や離婚の時期に作られたピアノ楽曲で、全4集あります。先ほど紹介した『海』の要素が盛り込まれているとも言われています。, ドビュッシーは、19世紀の音楽に根付いていた「和声」の法則に縛られることを嫌い、20代前半のうちから新しい音楽技法を試していました。, 「和声」とは高さの異なる複数の音が同時に響く音響現象であり、その様々な音を連結させて演奏し、音楽にするのが一般的です。しかし、ドビュッシーはその基本的な方を無視し、あえて不協和音ともいえる音を活用していた…とされています。, ドビュッシーは叔母の影響でピアノを始め、音楽の道に進みました。そこからおよそ1~2年でヨーロッパ最古の国立音楽学校「パリ音楽院」に入学を果たします。, この学校は世界的にもトップレベルの音楽学校であり、卒業はかなり難しいとされています。しかし、そんなハイレベルの学校でドビュッシーは「最年少の国家奨学生」に選ばれていたそう。つまり10歳の時点で天才っぷりは発揮されていたと考えられます。, ドビュッシーは学生時代から音楽で新境地を拓きたい…という思いがあったため、音楽家ばかりでなく、画家との交流を楽しんでいたと言われています。, 例えば「ロセッティ」「ホイスラー」などの画家です。それぞれイギリス、アメリカの画家であり、共に芸術の世界では有名な人物です。彼らの芸術観は、そのままドビュッシーの音楽観にも影響したと言われいます。, 私はスペシャリストを好まない。私にとって自分を専門化することはそれだけ自分の宇宙を狭めることだ, ハリウッド映画『ダ・ヴィンチ・コード』の原作を書いたダン・ブラウンによると、イエスキリストの聖杯を守っている騎士団の総長をドビュッシーが務めていた…という記録が残っているそうです。, これは実はイエスは十字架に掛けられて死んでおらず、弟子に救われてパレスチナへ行き、そこで結婚して子孫もいた…という秘密を守る軍団のこと。そもそもこの話自体がにわかには信じられない都市伝説なのですが、本当だとしたら物凄い大事な役回りを務めていたことになりますよね。, これは都市伝説ではなく、紛れもない実話です。ドビュッシーは1人目の妻・ギャビーが居ながら浮気をし、ギャビーが浮気相手からドビュッシー宛の手紙を読んでしまったことで、自殺未遂を図ったとされています。, また、2人目の妻・リリーがいたときも、年上の女性・エンマとW不倫をし、あげくの果てに駆け落ちしています。それを知ったリリーはショックを受け、ピストルで自分を撃って自殺未遂。幸い急所を外して助かりましたが、女性関係に関してはかなり奔放であったことが伺えます。, 1862年の8月22日、パリ近郊の町サン・ジェルマン・アン・レイ38番地でドビュッシーは産まれました。ドビュッシーの家は決して裕福ではなく、小さな陶芸店を営んでいたそうです。ただ、その商売もうまくいかず、幼いうちに都市であるパリへと引っ越しています。, 兄妹はドビュッシーを含めて5人。妹が1人と、弟が3人で、ドビュッシーは長男になります。しかし、残念ながら若くして一番下の弟は亡くなっています。, 1870年にフランスとプロイセンの間に戦争が勃発すると、フランスは降伏し休戦協定を結びます。しかしフランス国民は諦めることなく、ドビュッシーの父などを含め抵抗軍を作りました。しかし、父マニュエルは捕まってしまい、1年間の牢獄暮らしとなっています。, この結果働き手を失ったドビュッシー一家は親戚に助けられ、叔母のクレマンティーヌが住むカンヌで一緒に過ごしました。このクレマンティーヌ叔母さんがドビュッシーをピアノ教室に連れていき、音楽への道を拓いたと言われています。, ドビュッシーは最年少の10歳で国家奨学生という特待生に選ばれるほど、才能を買われて名門「パリ音楽院」に入学しました。在学中にはいくつもの賞を受賞し、その才能はメキメキと頭角を表していったとされています。, しかし、ドビュッシーを教えた教授は口を揃えて、「ドビュッシーは内気で無愛想だった。そのくせピアノを前にすると物凄い勢いで鍵盤を叩き、乱暴とすら思える熱っぽい弾き方をするのが印象的」と語っています。音楽に対する情熱だけでなんとか学んでいたような生徒だったと推測できますね。, ドビュッシーは11歳から13歳ごろまで毎年のようにピアノコンクールで優秀賞を受賞し、自らの才能を見せつけるように成長していきました。しかし、15歳になると反抗期を迎え、それが影響してか途端に賞を受賞できなくなってしまいます。, それでもドビュッシーは伴奏のクラスに入り、先生と激論を戦わせながらもメキメキと成長。その甲斐あってか修了コンクールでは見事一等賞をとり、有名作曲家ギロー氏が教授を務める上級クラスへと進んでいます。, 伝統ある機関『フランス芸術院』が主催する超大型の芸術コンクール「ローマ賞コンクール」にドビュッシーは3度も挑戦しています。挑戦の理由は「ローマ丘にある別荘を借りられる」「学費・滞在費の全額が免除」という豪華な特典があったからです。, 1883年に惜しくも次席の第二大賞を受賞し、その後3度目の挑戦でエドゥアール・ギナンの「蕩児」を題材に独自のカンタータを作曲(カンタータの解説は後ほど)。これを受賞される傾向に寄せて努力した結果、見事に大賞を受賞し22歳の若さでローマへと旅立っています。, そもそもカンタータとは、「声楽のための楽曲」であり、オペラよりも合唱・合奏要素の強いジャンルです。当時パリで作曲活動にいそしんでいたドビュッシーによって作られたのが「選ばれた乙女」で、国民音楽協会での演奏会で初演されています。, 当時のドビュッシーはパリのカフェに足しげく通っていたことが明らかになっており、富裕層や芸術家のたまり場であるカフェでイマジネーションを膨らませていたそう。当時はまだ貧しかったものの、こうした環境で一流階級と交流出来たからこそ、ドビュッシーの音楽は成長していったと考えられます。, この頃のドビュッシーは沢山の楽曲を作っており、「ボードレールの5つの詩」、ピアノ曲「小組曲」「2つのアラベスク」などを次々に書いていました。その中でも最高傑作とされているのが『月の光』という楽曲です。, これはピアノ曲『ベルガマスク組曲』という作品に含まれている楽曲で、優しく切ない楽曲として非常に有名です。日本でも1970年代に「みんなの歌」でテレビ披露され、注目を集めました。, ドビュッシーの音楽観に新境地を切り拓いた『牧神の午後への前奏曲』の初演が披露され、これが観客から大絶賛を受けます。ワーグナーなど従来の音楽的技法をより柔軟に、かつ大胆にアレンジした斬新なメロディーは衝撃的で、演奏会では掟破りのアンコールが起こったほどでした。, ただ、あまりに前衛的な音楽は批評家にとって猜疑的な作品で、ある批評家は「ドビュッシーは音楽のリズムとメロディーを壊している」と批判しています。それでも現代音楽のベースにはドビュッシーの技法が多く使われていることから、結果的にドビュッシーが本曲で革命を起こしたことがわかりますね。, 大成功を収めたこの頃、多くの芸術家が集うサロンにドビュッシーは参加するようになり、そこで出会った女性歌手テレーズ・ロジェと親しい関係に。そのままドビュッシーはロジェにプロポーズし、婚約関係となりました。, ただ、実はこの頃ドビュッシーには恋人のギャビーという女性がおり、それが早々に発覚したことで2人はあっさり破談。その後ギャビーとの仲も、ドビュッシーの浮気が原因で解消しています。, ドビュッシーは幼少期に叔母の家に滞在していたころから、海に対して強い愛着を持ち続けていたと言います。実際ドビュッシー自身が、「嵐の海に囲まれていると、自分が生きてるってことを実感するよ」と話していたこともあり、思いの強さがわかります。

Planeta Fútbol Televisión En Vivo Por Internet, Harriet Wild Child Quotes, Dietary Modifications For Gestational Diabetes Ati, Lâme En Fleur Victor Hugo Analyse, Logica Capital Aum, Layne Beachley House, Annabelle Higgins Biography, Julie Welker Husband, Compound Bow Idler Wheel, Plastic Fish Bowl, Yucatan Spiny Tailed Iguana For Sale, What Happened To Dizzee Rascal, Gregg's Carrot Cake,